集客力を上げる方法を分かりやすく解説!実は案外カンタンです

集客力アップ 集客のお悩み・豆知識

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

集客力を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?集客力を高めるために、多くの人がさまざまなテクニックを学んでおられますが、本質を知った方が近道です。本質を知ればテクニカルな部分は勝手に付いてくるからです。この記事ではその内容を解説します。

集客力を上げる方法

集客力を上げる方法

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
集客力を上げるにはどうすればいいですか?
まず考えるべきことを紹介します。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

集客力を上げる本質的な方法として、以下を紹介します。できていないところがあれば、ぜひ取り組みましょう。

  • 他社との差別化を図る
  • 広報を工夫する
  • 広告施策に強くなる
  • また来てもらう施策をする

他社との差別化を図る

商品サービスが他社と代り映えしないのに、集客に悩んでおられる方がおられます。しかし、このケースでは集客云々というのはまだ早いです。

他社と差別化ができていなければ、集客競争や価格競争に巻き込まれ、事業はどんどん先細りします。まずは圧倒的な差別化を考えましょう。

「日本唯一の〇〇」「業界初の〇〇」など、どこにもない差別化が大切です。また、地域密着型事業の場合は「〇〇地域唯一の」でも構いません。御社のオリジナル性を見直しましょう。

広報を工夫する

圧倒的な差別化が測れている商品は、メディアに露出しやすいです。自社や商品サービスを露出することを広報といいますが、しっかり広報活動を行えば広告費が浮きます。

テレビ、新聞、ラジオ、フリーペーパー、SNS投稿など、さまざまな媒体で露出しましょう。ユニークなキャンペーンをしたり、びっくりするような商品を定期的に出せば、メディアが取材してくれることも増えます。そのため、広報のための取り組みも常日頃考える必要があるのです。

季節性やニュース性、地域性を考慮しながら取り組めば取材されやすくなります。広告を出さずに広報活動だけで集客しているところもあるほどですので、広報はしっかりと意識しましょう。

広告施策に強くなる

広報活動だけで足りなければ、広告も出稿しましょう。ただし、無造作に出稿してもお金の無駄です。

ターゲットの設定や出稿する媒体など、自社商品・サービスに合った広告でなければなりません。

また、WEB広告もおすすめです。WEB広告はマーケティング戦略を反映させながら、低予算で広告運用ができます。

WEB広告は奥が深いので、以下おすすめ書籍を紹介いたします。

リスティング広告のやさしい教科書

Amazonより引用

本書は2018年に刊行され、ご好評をいただいた書籍『リスティング広告のやさしい教科書。』を現在の情報にあわせてリニューアルした改訂新版です。

本書の特徴は、リスティング広告を初めて出稿する人にもわかりやすく、広告の基礎知識や設定手順を解説している点、さらにただ出稿するだけでなく、実際に成果を上げるためのプロの考え方をしっかりと伝えている点です。

リスティング広告の成否の鍵を握るキーワードや広告文についても、実例をベースに思考のプロセスから解説しているため、「広告運用者としてなにを考えなくてはならないか」が具体的にわかります。検索連動型広告とディスプレイ広告の効果的な組み合わせ方も詳しく紹介していますので、広告の戦略全体を考える力が身につきます。

また、現在ではGoogle広告の機械学習の精度が高まり、人間の手で細かな設定を行うよりも目標だけを決めて自動化したほうが成果が上がるケースも増えています。本書ではこのような潮流を踏まえ、自動化を取り入れる際のアプローチについても紹介しています。

従来の常識が変わりつつある現在だからこそ、押さえておきたい本質的な基礎とノウハウが詰まった一冊です。

また来てもらう施策をする

集客を新規顧客だけに頼るのは得策ではありません。新規顧客1人を獲得するよりも、リピーター施策をする方が合理的だからです。

1人の顧客が何度も来てくれるようになれば、売上はどんどん安定していきます。新規顧客に気に入ってもらえるような商品サービス、対応、リピート特典など、いろいろと工夫してみましょう。

市場や競合をしっかり調査すべき

市場や競合をしっかり調査すべき

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
やっぱり調査も入念にすべきですよね?
はい、市場や競合の調査はしっかり行いましょう。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

集客力を上げるには、市場調査や競合調査も重要です。戦う場や戦う相手から学べることはとても多いからです。そのあたりを踏まえ、以下内容を紹介します。

  • 集客力がある人の手法を真似しよう
  • 集客力が高い人の事例を研究
  • 集客を増やす方法はアイデア次第

集客力がある人の手法を真似しよう

集客力を高めたい場合、真似事がおすすめです。実際に集客力がある人の真似をしてみましょう。同じ業界だけにとどまらず、他業界でも参考になるケースはあります。

もちろん、真似をしたからといって全く同じ集客が見込めるとは限りませんが、学ぶことは多いはずです。

守破離を意識し、まずは同じようにやってみて、そのあと応用し、最後にオリジナルの方法に発展させるのも真似事のコツです。

集客力が高い人の事例を研究

集客力が高い人複数の共通点を探し出したり、自分との違いをチェックしたりすると良いでしょう。

共通点が分かればそれを実践すれば良いですし、見えていなかった自分との違いが浮き彫りになれば、これまでやっていなかったことにトライする機会となります。

集客力が高い人を見つけたら、その事例を徹底的に研究しましょう。

集客を増やす方法はアイデア次第

先述の差別化や広報、リピータ獲得の方法は、アイデア勝負となります。定期的にアイデア出しの時間を設けて、アイデアづくりに励んでください。

アイデアを出す際のコツは、制限を加えることです。「地域限定の〇〇」「3月だけの〇〇」「おとめ座だけの〇〇サービス」など、制限を設けて考えるとクリエイティブなアイデアが出やすいです。

まとめ

集客力を上げるには、他社との差別化や広報の工夫、広告施策の強化などが大切です。また、リピーター獲得のための施策も重視しましょう。

それら施策の参考として、競合調査も必要です。市場やライバル、モデルケースなどを知り、できるところから改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました