集客施策の事例をご紹介!ビジネスが面白いと感じる豆知識

集客施策の事例を紹介 集客系

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

集客施策を打ち出すにも、具体例がないと検討しづらいですよね?この記事では実際の集客施策の事例を紹介した上で、その原則についても紹介します。ビジネスが面白く感じられる豆知識としてぜひ参考にしてください。

集客施策の事例をご紹介

集客施策の事例をご紹介

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
集客施策の事例を教えてください。
いくつかピックアップして紹介します。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

集客施策の事例として、誰でも知っている有名企業の内容を紹介します。数ある中から以下を紹介しますので、アイデア出しの参考にしてください。

  • 投稿が面白いと話題のシャープ
  • 高級感ある広告のハーゲンダッツ
  • 広告を自動化したニトリ
  • 顧客目線を徹底したAmazon

投稿が面白いと話題のシャープ

シャープの公式ツイッターは、投稿が面白いと話題です。

「たしかに最初からテレビは置かないと決めていれば、引っ越し先の間取りの自由度は上がるな、と思いました。テレビメーカーとしては少し寂しいけど。」

「きょうの晩ごはん教えて(サイゼ大歓迎)」

「自社のECサイトでなに売ってもいいなら、私が川で拾ってきた石を売ってみたい」

など、大手企業のツイッターとは思えない投稿が人気を集めています。不具合などによる苦情に対しても、

「弊社はやく…テレビの対処法わかってるんだから…はやくサイトに載せてくれ」

などという投稿で和やかにしており、身近で親しみのある運用を行っています。ツイッターは集客施策における広報や宣伝として有効な手段ですが、大企業の堅いイメージを払拭する個性的な内容となっています。

高級感ある広告のハーゲンダッツ

ハーゲンダッツは広告施策により成功した事例です。主力商品を店頭の目立つ位置に並べたり、高級感をアピールしたテレビCMを行ったり、SNSでオシャレな印象を与えるなど、ブランディングをしっかりと行っています。

高級アイスクリームによりプチ贅沢ができることが、全国のアイスクリームファンから支持される理由となっており、ブランディングの大切さが分かる事例といえるでしょう。

広告を自動化したニトリ

ニトリはウェブ広告を自動化し、効率化を図ることに成功しています。手動で調整したウェブ広告の入札をAIに落とし込んで自動化し、合理化とともに来店数急増という結果を得ています。

また、広告を売るための宣伝という意識ではなく、ニトリ製品で生活が豊かになることを伝えたコミュニケーションだと捉えています。

広告はただ単に出して終わりとなりがちですが、しっかりと向き合って成果を出している事例となっています。

顧客目線を徹底したAmazon

Amazonは徹底した顧客目線で成功している会社です。ワンクリックで購入できるところや、レコメンド機能、定期購入機能など、随所に顧客の利便性が盛り込まれています。

また、商品評価も見やすく、購入前の参考になるケースが多いです。顧客目線に立つことは、相手の気持ちを理解する思いやりの精神ですので、思いやりが事業を成功に結び付ける典型例となっています。

新規集客方法を考える前に

新規集客方法を考える前に

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
新規集客に悩んでいますが、どうしたらいいですか?
その前に考えなければならないことからお伝えします。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

集客方法を考える際には、事前に考えておかなければならないことがあります。やみくもに集客しようとすると、かえって非効率となるケースが多いからです。ここでは事前に考えるべき事柄として以下を紹介いたします。

  • まずはゴール設定
  • ゴールから逆算した目標設定
  • 今やるべきことを設定

まずはゴール設定

先ずはゴールの設定をしましょう。いつまでにどれくらい集客できれば理想なのかの設定が大切です。

売上を立てるための集客、他の商材を販売するための見込み客づくり、広報活動のためにおこなう集客など、集客目的はさまざまかと思います。

いずれの場合も戦略の中で必要な集客数を洗い出しましょう。

ゴールから逆算した目標設定

いつまでにどれくらいの集客が必要なのかを洗い出したら、そこから逆算した目標設定を行いましょう。

たとえば今年中に5,000人の集客が必要である場合、今月500人の集客を目指すなどの逆算です。ゴールから逆算した目標を立てることで、より具体的な指針ができます。

今やるべきことを設定

目標設定ができれば、今からやるべきことを設定しましょう。やるべきことはゴールの内容によって異なります。

ブランディングをゴールとした集客であれば広報の要素が強くなりますし、売上を立てるための集客の場合、広告宣伝の要素が強くなります。それぞれのゴールにあった第一歩を検討しましょう。

集客施策の原則

集客施策の原則

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
どこにでも通じる集客方法が知りたいです。
わかりました。集客施策の原則を紹介します。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

集客施策について、より原則的なこととして以下を紹介します。多くの業態で通じる方法ですので、知っておいてください。

  • 商品サービスの差別化
  • 広報活動でブランディング
  • 宣伝活動で集客

商品サービスの差別化

集客施策で大事なことは、何よりも差別化です。他所と比べて圧倒的な差別化が図れていれば、それだけで話題となり、集客に成功しやすくなります。

ナンバーワンやオンリーワンのサービスを確立させましょう。もちろん、地域ナンバーワンなど、狭い範囲での差別化でも構いません。HPやチラシなどでしっかりとうたいましょう。

広報活動でブランディング

差別化ができている場合、多くの人にその内容を知ってもらいましょう。つまり広報活動が重要です。メディアへの露出やSNSへの投稿で、積極的に広報をしましょう。

広報は地道な作業ではありますが、継続していると効果がでてきます。コツコツと継続して粘り強く行いましょう。

広報活動がしっかりとなされていると、ブランディングしやすくなります。狙ったターゲットにイメージさせたいブランディングになるよう広報することが大切です。

宣伝活動で集客

広報活動の後は宣伝活動を行いましょう。広告、チラシ配り、LP、メルマガ配信など、自社に合った方法をセレクトすると良いでしょう。

広報だけ、宣伝だけというよりも、両軸で行うことがおすすめです。広報で認知されることで宣伝効果が増すからです。

知ってもらうための広報と、直接集客を働きかける宣伝の違いを踏まえた上で、それぞれの活動に力をいれましょう。

まとめ

集客は具体的事例から学ぶことが多いです。ここで紹介したのは大企業の典型例ですが、小規模事業者もヒントとしているところは多いです。集客の原則を踏まえながら、より良い施策のアイデアを出していただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました