店舗での集客方法を教えて!小規模事業者におすすめのマーケティング

店舗集客の方法をご紹介 集客・マーケティングを学ぶ

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

店舗での集客方法はどのようにすれば良いのでしょうか?この記事では小規模事業者におすすめのマーケティング手法として、典型例やアイデアについて紹介します。また、注意点も解説しますので、ぜひ集客の参考としてください。

リアル店舗がSNSで集客する方法

リアル店舗がSNSで集客する方法

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
店舗を持っているのですが、SNS集客がうまく行きません…
おすすめのSNS集客方法をお伝えします。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

リアル店舗が集客する場合に、SNSは有効な方法です。しかし、やみくもに投稿するだけでは集客に結びつきません。ここではおすすめのSNS集客について紹介します。

  • 先ずは各SNSの特徴を理解する
  • TikTokからインスタ、LINEへの流れを作る
  • 効果的な「いいね!」やコメントを行う

先ずは各SNSの特徴を理解する

まずは各SNSの特徴を理解しましょう。店舗と親和性が高いのはTikTok、Instagram、LINEです。

ティックトックは動画の拡散力が高く、Instagramは視覚的にPRでき、LINEはリピーター獲得に有効です。また、広報がしやすいフェイスブックや、手軽に拡散できるツイッターもおすすめです。

TikTokからインスタ、LINEへの流れを作る

リアル店舗集客でおすすめなのが、SNSで集客の動線を作ることです。TikTokで動画配信をすれば、お店への親しみアップと高い拡散性が望めます。

TikTokからInstagramをフォローしてもらえれば、より密なコミュニケーションが図れます。さらにLINEの登録で、お得情報の一斉配信や通知により、リピート化がしやすくなります。

SNSを単発ツールとして活用するのではなく、流れを作る使い方を心掛けましょう。

効果的な「いいね!」やコメントを行う

効果的な「いいね!」やコメントも意識しましょう。たとえばInstagramの場合、競合他社をフォローしている人に「いいね!」やコメントをしましょう。

競合他社をフォローしている人は見込み客でもあるからです。競合他者よりも差別化を図れている場合、他者から顧客が流れてくることもあります。

試して欲しい店舗集客のアイデア

試して欲しい店舗集客のアイデア

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
なかなか集客のアイデアが浮かばなくて…
では、試して頂きたい集客方法をいくつか紹介します。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

店舗集客にあたって、ぜひ試していただきたい内容を紹介します。まだ対応していないことがあれば早速トライしてみましょう。

  • ホットペッパーで集客アップ
  • MEO対策を行う
  • 新規顧客集客よりリピーター獲得を目指す
  • コラボ企画で相乗効果を狙う

ホットペッパーで集客アップ

ホットペッパーを利用している場合、口コミ数をチェックしましょう。口コミ数が多いほど、検索エンジン対策で有利になるからです。

口コミしたくなるような嬉しいサービスを提供したり、メッセージ機能でお礼を伝えたり、口コミ特典を用意するなど、口コミしてもらえる工夫が大切です。

MEO対策を行う

MEO対策とはGoogleの地図エンジンの最適化です。Google地図で上位表示されると、集客に有利となりますが、それほど難しい対策は不要ですので、しておいて損はないでしょう。

店舗情報を漏れなく記載したり、ほかのサイトに掲載されている内容と表記を統一したり、1週間に一度以上写真投稿をしたりすると良いでしょう。

また、コメントは小まめに返信しましょう。その際に自店舗の属性に関係するコメント返信がコツです(たとえば居酒屋の場合、「また美味しいお酒を飲みにお越しください」など)。

新規顧客集客よりリピーター獲得を目指す

新規顧客獲得も大切ですが、リピーター獲得はもっと大切です。リピーターがたくさんいれば、集客から解放されるからです。

先まで予約が埋まっている店舗の場合、キャンセルがあったとしても、リピーターに連絡すればすぐにまた予約が埋まります。回数券やクーポンの発行などでリピート率を上げましょう。

コラボ企画で相乗効果を狙う

コラボ企画もおすすめです。コラボ企画は広報の相乗効果と、集客の相乗効果が見込めます。競合にはならないけれども親和性が高い客層を持っている相手と、コラボ企画すると良いでしょう。

店舗集客で注意すべきこと

店舗集客で注意すべきこと

店舗経営者のA子さん
店舗経営者のA子さん
店舗集客の注意点はありますか?
いくつか注意点を紹介します。
集客コンサルタント
集客コンサルタント

店舗集客で注意すべきこととして、以下内容を紹介します。ぜひチェックしておいてください。

  • 皆に好かれようとしない
  • PDCAをしっかり回すべき
  • トライアンドエラーは覚悟する
  • コンサルティングを受ける際は慎重に

皆に好かれようとしない

店舗集客において行ってしまいがちなこととしては、万人ウケを狙うことです。しかし万人ウケを狙うと、広く浅い集客施策が必要となり、労力や広告費用が上がってしまいます。

本当に来て欲しいターゲットを設定し、そのターゲットだけに刺さる集客施策が重要です。結果的にターゲット外となる顧客も出てしまいますが、そこは割り切った方が効率的です。

PDCAをしっかり回すべき

Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)をしっかりと回しましょう。

集客施策はやりっぱなしで終わりではありません。計画したことを実行したら、より効果的な施策となるためにCheck(測定・評価)する必要があります。

その上で改善を加えたり、うまく行かないことは対策を考えるなどして、集客施策の精度を上げて行きましょう。

トライアンドエラーは覚悟する

PDCAとも関連することですが、トライアンドエラーは覚悟しなければなりません。しっかりと検討した集客施策だったとしても、必ずうまくいくとは限りません。

むしろ、うまくいかなかったことから学んだり、新たなアイデアが出たりする事が多いです。トライアンドエラーは前提だと割り切って、めげずに励みましょう。

コンサルティングを受ける際は慎重に

自分でするべき努力を怠って、安易にコンサルタントに任せてしまう人もいらっしゃいます。しかし、コンサルタントをつけたからといってうまくいくとは限りません。

コンサルタント費用以上の成果を出すことの方が難しいとよく聞きます。もちろん、中には優秀なコンサルタントがいらっしゃるのも事実ではありますが、 自分のビジネスですから、自分で創意工夫されることをお勧めします。

まとめ

店舗集客の施策は、さまざまな方法があり、アイデア次第で効果的な集客が可能です。ここでは、SNSで集客をはじめ、試して欲しい集客施策を紹介しました。

そのまま試していただいても良いですし、アレンジを加えていただいても構いません。アイデアの材料としていただいてもオッケーですので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました