集客方法で効果的なものを一覧でまとめてみました

集客方法一覧 集客方法のキホン

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

集客方法とひと口に言っても、オンラインやオフラインでの違いや、業態によって適切な方法が異なることがあります。結果、部分的な集客方法の紹介では参考にならないケースがありますので、この記事では総合的かつ一覧でまとめます。参考にしてください。

ウェブ広告での集客方法

ウェブ広告での集客方法

ウェブ広告は数百円から出稿可能ですので、低予算で広告を出すことができます。また、広告の効果測定により、効率的かつ合理的な運用も行えます。ウェブ広告による集客方法として3つ紹介します。

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • SNS広告

Google広告

Google広告は、あなたのビジネスに関連するキーワードを検索している人や、あなたのビジネスに対しての潜在ニーズを拾うことができ、ユーザー属性や予算の上限を定めて運用することが可能です。

文字でPRするリスティング広告や、画像でPRするディスプレイ広告、映像でPRする動画広告などがあり、ビジネスの特性に合わせた出稿がしやすいです。

掲載はいつでも止めることができますので、誰でも気軽に試せます。本気で運用すればキリがないほど機能が充実しているため、目的や労力をある程度定める必要がありますが、いずれにせよ低コストで集客がしやすい広告手法です。

【公式サイト】Google 広告でビジネスを拡大しましょう

Yahoo!広告

Yahoo!広告は、Google広告と似たようなサービスですが、Google広告がGoogle関連サービスに広告表示するのに対し、Yahoo!広告はYahoo!関連サービスに広告を出稿します

機会損失とならないよう、どちらにも出稿すると良いでしょう。Yahoo!広告は見せたい人にだけ広告表示を行い、見た人の分析が可能です。

また、予算はいつでも変更できるため、予算の範囲で出稿が可能です。

【公式サイト】Yahoo!広告でサイトへの集客アップ | Yahoo! JAPAN

SNS広告

SNS広告もおすすめです。過去の投稿を広告出稿したり、特定ページの出稿によるリード獲得が可能です。

ツイッター広告、フェイスブック広告、LINE広告、ティックトック広告など、それぞれのSNSに広告出稿が可能です。

ちなみに、Instagramの広告はフェイスブック広告と連動していますので、Facebook広告の管理画面で一元管理が可能です。

SEO対策での集客方法

SEO対策での集客方法

Googleなどの検索エンジンで上位表示させる施策を、SEO対策といいます。SEO対策にはさまざまなテクニックがありますが、原則としては読者に有益なコンテンツを分かりやすく盛り込むことです。SEO対策での集客方法について紹介します。

  • ウェブサイト
  • オウンドメディア
  • ブログ

ウェブサイト

ウェブサイトは事業者の顔であり、会社案内のウェブ版ともいえます。誰も見てくれなければ意味がありませんので、SEO対策を施すことになります。

ただし、定期的な投稿などの動きがないウェブサイトはSEOに弱いため、サイト内に投稿コンテンツを設置するなどの工夫が必要です。

ウェブサイトは名刺への記載や、メールの署名などを含め、会社名を知っている人、コンタクトがあった人に見てもらいやすいです。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、読者に向けて発信する自社メディアのことで、企業マーケティングの有効的な手法です。

本来は自社メディア全般をオウンドメディアというのですが、一般的には企業が運営するウェブマガジンを指すケースが多いです。

コンテンツを作る大変さはありますが、ブランディング効果や広告宣伝費削減効果など、多くのメリットがある手法です。

ブログ

ブログは、オウンドメディアとほぼ同義であるものの、一般的にはよりフランクなイメージを持つ人が多いです。

投稿コンセプトを決めて統一感のある情報発信を続ければ、SEO対策にもつながります。

ただ、社員の日記など雑記を投稿する場合、読者への親密度が上がるメリットはありますが、SEO対策では不利となります。

逆に、検索キーワードを意識して、読者に有益な情報を発信すれば、SEO対策で有利となります。多くの閲覧者を獲得するためには、自社のコンセプトにあったキーワード選びが重要となります。

MEO対策での集客方法

MEO対策での集客方法

Googleマップに登録されている店舗の、検索順位をあげる施策をMEO対策と呼びます。MEO対策として必ずやっておきたい内容を紹介いたします。店舗経営者はぜひ参考にしてください。

  • 媒体ごとの店舗情報の統一
  • 小まめな投稿
  • キーワードを意識した返信

媒体ごとの店舗情報の統一

Google ビジネスプロフィールに店舗情報を登録する場合、他の媒体への登録内容と表記を統一しましょう。

統一すべきName(店舗名)、Address(住所)、Phone(電話番号)の頭文字を取って「NAP」といわれています。

店舗経営をしている場合、自社サイトやSNSのほか、食べログやホットペッパーなど各種媒体に掲載していることが多いですが、各媒体全てに対してNAPの統一を行いましょう。

NAPが統一されていると、検索順位が上がりやすくなるといわれています。

小まめな投稿

小まめな投稿も重要です。最低でも1週間に1回、できれば2~3日に1回は投稿するように心掛けましょう。

投稿した写真は一定期間後に表示できなくなるため、小まめに写真投稿することで、ユーザーの目にとまりやすくなります。

また、近い日にちで投稿されていると、ちゃんと経営しているという安心感にもつながります。

キーワードを意識した返信

コメントの返信には、自店舗に関連するキーワードを盛り込みましょう。居酒屋の場合「また美味しいお酒を用意してお待ちしております」などと、居酒屋を連想させるキーワードを盛り込むのです。

関連するキーワードを含むコメントや返信が多いほど、検索上位表示に有利になるとされています。

コメントを放置している店舗をよくみかけますが、実は集客施策上もったいないことなのです。

SNSでの集客方法

SNSでの集客方法

SNSは無料で広報や宣伝ができるため、ぜひ活用したい集客方法です。数あるSNSの中からおすすめのSNSにて解説いたします。

  • ツイッターで拡散
  • フェイスブックで広報
  • Instagramでブランディング
  • LINEでリピーター確保
  • ティックトックでリードの入り口づくり
  • YouTubeで多くの情報を提供

ツイッターで拡散

ツイッターは拡散力の高いSNSとして知られています。ツイッターの拡散で広く報せることもできますが、ダイレクトに集客できることもあり、高い宣伝効果が見込めます。

ただし、文字数に制限があり、全角140文字、半角280文字が上限となっています

フェイスブックで広報

フェイスブックは広報やブランディングに役立ちます。個人アカウントによるパーソナルブランディングや、フェイスブックページによる広報など、認知させることに強いSNSといわれています。

事業の認知度や信頼性を上げたい場合におすすめです。

Instagramでブランディング

Instagramは美しい画像が特徴で、視覚に訴えての広報・宣伝が可能です。飲食店などの店舗と相性がよく、ダイレクトな集客を見込めます。

文字数は2,200文字まで記載できるため、画像だけでなく文章でのPRもしやすいです。

また、投稿への返信などで、リピーターとのやり取りやフォロワーの有望見込み客化などにも貢献します。

LINEでリピーター確保

LINEはほかのSNSのような拡散性よりも、既存顧客や見込み顧客に対してリピート化する施策に向いています。

お得情報・最新情報の配信や、タイミングを事前に指定しての案内配信、デジタルポイントの運用ができるショップカードなど、リピート化に適した機能が数多く備わっています。

ティックトックでリードの入り口づくり

ティックトックは、ショート動画による拡散力が非常に高く、リードの入り口づくりに適しています。

たとえば、ティックトックからInstagramに誘導して集客動線を作ったり、ティックトック広告からリードを獲得したり、インフルエンサーマーケティングの場として活用するなど、さまざまな用途が考えられます。

ティックトック単体で完結させるのではなく、集客動線のスタート地点として活用しましょう。

YouTubeで多くの情報を提供

YouTubeもおすすめです。YouTubeだけで収益化することは難しい時代になりましたが、YouTubeをマーケティングツールとして活用するのは良い方法です。

動画には多くの情報が盛り込めるほか、分かりやすく伝えたいことを発信できますので、プロモーションとして大変有利です。

リード獲得や見込み客化、有望見込み客化など、使い勝手が良いツールです。

メールマガジンでの集客方法

メールマガジンでの集客方法

メールマガジンは古いと考える人がいるようですが、集客方法においてまだまだ有効な手段です。メールマガジンについて具体的に紹介します。

  • メールマガジンの定期配信
  • ステップメールでの自動配信
  • シナリオメールでの効果的な配信

メールマガジンの定期配信

メールマガジンは、読者に対してメールにて情報配信を行い、ナーチャリング(顧客育成)による有望見込み客化を目指します。

メールマガジンは定期的に行うこと、スクロールしなくても趣旨を理解できること、リンクは最上部に設置することなどがコツです。

地道かつ継続性も重要な要素となります。ちなみに、収集リストから許可なく配信すると違法ですので、事前承諾を得た相手にのみ配信可能です。

ウェブコンテンツなどでの情報配信から、メルマガ登録へと結び付けましょう。

ステップメールでの自動配信

ステップメールとは、事前に作成した複数のメールを、設定した起点日を元としてスケジュール配信する方法です。

最初に複数のメールを用意さえすれば、後は自動的に配信がなされるため、大変効率の良い方法です。手間をかけずにナーチャリングが行えます。

シナリオメールでの効果的な配信

シナリオメールもおすすめです。シナリオメールは、ステップメールの読者のアクション(開封やクリック)により、配信されるメール内容が変化する手法です。

たとえば、読者の興味度が高ければ商材案内メールを配信し、興味度が低ければ引き続き興味付けの情報配信を行うことができます。

読者に合わせた配信で、より効果的なナーチャリングが可能です。

リストマーケティングでの集客方法

リストマーケティングでの集客方法

主に法人向けのリード獲得手法として、リストマーケティングという手法があります。一言でいうと、ターゲットに対して案内文章を送る方法です。

リストマーケティングの具体的な方法を紹介します。

  • メールDM
  • 問合せフォームからのDM

メールDM

メールDMは、法人メールアドレスに対して案内文章を送信する方法です。ウェブサイトなどでターゲットのメールアドレスを調べ、Excelやスプレッドシートなどに蓄積して行き、一斉配信すると良いでしょう。

アドレスの蓄積が肝となりますので、地道な作業が必要です。毎日コツコツとアドレスを蓄積していきましょう。

問合せフォームからのDM

メールDM用にターゲットのメールアドレスを調べていると、サイトなどに掲載されていないことが多いです

一方、メールアドレスの掲載はないものの、問合せフォームが設置されていることもあります。設置されている場合は、問い合わせフォームからメールDM用の文章を送信しましょう。

ただし、問合せフォームには「営業お断り」と記載されていることもありますので、注意が必要です。

オフラインでの集客方法

オフラインでの集客方法

インターネットが普及している時代ではありますが、オフラインでの集客もまだまだ効果的です。業種やサービス内容によっては、オフライン集客が主流となることもあります。

具体的なオフライン集客の方法を紹介します。

  • チラシ配り
  • FAXDM
  • 紹介制度
  • 新聞広告や中吊り広告
  • マスメディアでのCM

チラシ配り

地域密着型ビジネスの場合、チラシ配りは有効です。たとえば、半径〇キロ圏内と決めてポスティングを行ったり、特定の場所で通行人に配ると良いでしょう。

エリアを広げてまんべんなく配るよりも、同じエリアで繰り返し配った方が効果的です。ただし、通行人へのチラシ配りは警察署に届け出が必要ですので留意してください。

FAXDM

FAXDMは、チラシをFAXで一斉配信する方法です。ターゲットが不動産業界、医療業界、福祉業界、建設業界などの場合に特におすすめです。

一斉配信機能付きの複合機があれば、まとめての配信が可能ですし、PCとの接続によりPC上から配信することも可能です。

また、代行業者を利用して配信を丸投げすることもできます。

紹介制度

紹介制度も効果的な集客方法です。宣伝広告は自社が行うものであるため、主観的なアプローチとなりますが、紹介は実際に利用した人が良いと思って紹介するため、客観的なアプローチができます。

紹介による割引や特典を付けて、紹介を誘引しましょう。

新聞広告や中吊り広告

新聞広告や中吊り広告は、新聞社に広告出稿を依頼したり、公共交通機関に問合せをして、広告を出す方法です。

枠の大きさや媒体によって料金は異なりますが、数万円から数十万円以上など、ある程度まとまった費用が必要です。

広報を試してから広告を依頼した方が良いことや、ネット広告に押され気味ではありますが、いずれにせよオフラインの集客方法として今でも活用されています。

マスメディアでのCM

テレビやラジオなどのマスメディアでCMを出すのも良いでしょう。テレビCMの場合、時間帯にもよりますが、15秒のCMで40万円から80万円が相場です。

また、ローカルテレビ局の場合は3万円から4万円、ラジオCMの場合は20秒で6から7万円以上が相場です。

マスメディアへのCMで、権威効果も高められますので、広報も同時に行えます。

その他方法での集客

その他方法での集客

上記で紹介した集客方法のほかにも、さまざまな集客方法が考えられます。それぞれ具体的に紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • テレアポでのリード獲得
  • セミナー(ウェビナー含む)の開催
  • ランディングページでの集客
  • 展示会に出展
  • 会合への参加
  • 飛び込み営業
  • 口コミサイトへの登録
  • インフルエンサーマーケティング
  • アフィリエイトの活用
  • ECサイトに出店
  • アプリ集客
  • オンライン商談
  • プレスリリースでの広報

テレアポでのリード獲得

テレアポでのリード獲得も、よく使われている集客方法です。トークマニュアルをしっかりと作り込み、地道に1件ずつコールしていきましょう。

けんもほろろに断られることもありますが、めげずにかけていくとリード獲得できるはずです。もし自分のところに掛かってきた場合、どう言われれば興味を持つかを考えてトークすると良いでしょう。

また、受付を突破するためにどんな言い回しが良いのかも工夫が必要です。

セミナー(ウェビナー含む)の開催

セミナーを開催して集客する方法もあります。セミナーによって興味を深め、見込み客化するのです。

セミナー終了後には個別相談を行ったり、セミナーで獲得したリードに対してあらためてセールスをしたりして、受注獲得を目指します。

リアルセミナーだけでなくオンラインのセミナーも効果的に活用しましょう。ちなみに、セミナーに集客するために、別の集客方法との合わせ技が必要となります。

ランディングページでの集客

ランディングページとは、1ページにつき1商品(サービス)を原則としたチラシのようなサイトです。

一般的には広告やメルマガ、SNSなどからランディングページに誘導し、コンバージョン(申し込みや資料請求など)につなげます。

ターゲットに刺さるページにするのはもちろんのこと、同じ商材で複数のページを作り、どちらが効果的なのかABテストするのも大切です。

展示会に出展

展示会への出店でリード獲得するケースもあります。展示会にブースを構え、来場した人と名刺交換をすれば、アタック先企業を蓄積できます。

名刺情報をリスト化すれば、定期的に営業をかけることができますので、展示会から資産を作ることが可能です。

会合への参加

会合への参加も検討しましょう。商工会議所のメンバーに入ったり、同友会や青年会議所などのメンバーになることで、人脈が増えます。

人脈からの紹介により集客しているケースも多いです。ほかにも、異業種交流会やランチ会などへの参加で、人脈を増やす方法もあります。

飛び込み営業

古典的ではありますが、飛び込み営業も効果的です。まさに足で稼ぐ営業として、1件1件相手先を訪問しましょう。

断られたり邪険にされたりするケースもありますので、気持ちの切り替えが早い人、精神的にタフな人などにおすすめです。

口コミサイトへの登録

ネット上にはさまざまな口コミサイトがあります。口コミサイトに露出することで集客につなげることを検討してみましょう。良い口コミが集まってくると、集客と同時にブランディングにもつながります。

逆に、悪い口コミを書かれるリスクもありますが、悪い口コミを書かれた場合は、真摯に対応し、商品サービス改善のきっかけにしましょう。

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、SNSフォロワー数の多い人(インフルエンサー)に、自社商品を紹介してもらう方法です。

インフルエンサーマーケティングを行っている会社に依頼して、インフルエンサーを活用すると良いでしょう。

ただしありがちなトラブルとして、インフルエンサーの中には、一旦紹介の投稿さえしたら後から削除する人もいます。

インフルエンサーの活用に関するルールは、事前にしっかりと確認しておきましょう。

アフィリエイトの活用

アフィリエイトとはブログなどのウェブ記事に広告を掲載し、広告収入を得る方法です。広告はASPというサービスにたくさん集まっており、自分のサイトに合った広告を掲載します。

逆に、ASPに広告を出せば、多くのブロガーたちが記事内で紹介してくれます。商品サービスごとい合う合わないがありますので、他の広告手法と共に試してみて、効果が高いものを残しましょう。

ECサイトに出店

商品販売を行っている場合は、ECサイトへの出店も検討しましょう。楽天やヤフーショッピング、Amazonなどは、ECモール側が高い集客力を持っています。

大手の集客力を利用しつつ、自社での販売と併用しているケースも多いです。

アプリ集客

アプリで集客することもできます。自社アプリを制作し、新規顧客獲得やリピーター獲得を目指しましょう。

どんなアプリを制作するかにより製作費はピンキリですので、制作会社と打ち合わせをし、目的からアプローチしたアプリを作ると良いでしょう。

自社アプリを持っていることは、webサイトやSNSなどで認知させる必要がありますから、アプリ単体ではなく、複数媒体でのプロモーションが前提となります。

オンライン商談

マーケティングによるリード獲得が完了すれば、セールスの段階となります。獲得したリードに対して電話ヒアリングをし、さらに興味を持ってくれた相手に対しては、オンライン商談を持ち掛けましょう。

セールス終了後は追いかけコールやメールなどでフォローをし、契約につなげていきましょう。

プレスリリースでの広報

プレスリリースとは、A4サイズの書式1枚程度に事業やサービス概要をまとめ、報道機関に発表する方法です。場合によっては取材した上でメディアで紹介してくれることがあります。

記者クラブに投げ込んだり、記者会見をして発表するなどの方法があります。また、ネット上にはさまざまなプレスリリースサイトがありますので、各サイトへのリリースも行いましょう。

プレスリリースは直接メディアにコンタクトを取っても構いません。メディアの代表番号やメール、問合せフォームなどから直接リリース可能です。

まとめ

集客方法はさまざまなものがあり、効果的な方法は業種やサービス内容によって異なります。できそうな方法や合いそうな方法から試してみると良いでしょう。

また、1つの集客方法だけではなく、合わせ技もおすすめです。最初はトライアンドエラーのつもりで、効果的な方法を見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました