案外優しい柏木学生【朝ドラ受け】舞いあがれ!

エンタメ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

朝ドラの感想です。

吉川晃司登場と優しい柏木学生(あらすじ)

2022年11月28日の「舞いあがれ!」では、いよいよ帯広での訓練がスタートしました。先週の予告通り、今日から鬼教官と言われている大河内教官(吉川晃司)が登場しましたね。登場の仕方や雰囲気など、やっぱ吉川晃司さんはカッコイイよかったです。

各3名の学生に対して1名の教官が付くのですが、舞ちゃんは柏木学生(目黒連)、水島学生(佐野弘樹)と同じチーム。結局また同じ顔触れとなりました。

大河内教官(吉川晃司)の指導の元スタートした訓練では、飛行機を操縦する際の手順確認、気象状況の確認と飛行計画などを行いました。手順の確認は軽く100を超え、本当に覚えるのが大変そうだなと感じました。

残念ながら舞ちゃんはしっかりアウトプットができておらず、大河内教官(吉川晃司)から苦言を呈されてました。一方、柏木学生(目黒連)はしっかりと行うことができ、大河内教官(吉川晃司)からも褒められていました。

段ボールで操作機器の一部を作った舞ちゃんは、いよいよ翌日に迫るフライト訓練に向け、前夜の練習を行います。その練習に付き合ってくれる柏木学生(目黒連)は、なんだかんだ言いつつも根は優しいんでしょうね。

できるつもりではダメ!朝ドラ受け

操作方法の手順をアウトプットできなかった舞ちゃん。大河内教官(吉川晃司)から「できないのか?」と問われ、「できるつもりだったんですが…」と返答していました。

単純に覚えきれていなかったのか、教官の前で緊張したからできなかったのか分かりませんが、本当のパイロットは上客の大事な命を預かっているわけですから、「できるつもり」なんて通用しませんよね。

てっきりドラマでは教官から「できるつもりではダメだ」と叱責されるのかと思いましたが、そういうシーンは特になく、すんなり柏木学生(目黒連)と交代となっていました。鬼教官は今後どのような描かれ方をするのでしょうかね?

今の時代はパワハラとかモラハラなどに敏感ですから、マイルドな描かれ方をするのか、それとも怒鳴り散らされるような描かれ方をするのか、ドキドキ、ヒヤヒヤしながら見たいと思います。

柏木くんとの恋はあるのか?

恋模様が描かれるのかどうか分かりませんが、五島で幼馴染の貴司(赤楚衛二)くんがフィアンセと間違えられたり、バイト先で柏木くんとの恋バナを(勝手に)指摘されるなど、これまでも恋の伏線と捉えられるような発言がありました。

今日は貴司(赤楚衛二)くんからの手紙のシーン、柏木くんが練習に付き合ってくれるシーンなど、いずれも恋の伏線だと感じてしまいました。

もし恋の発展が描かれるなら、舞ちゃんと柏木くんのカップル、貴司くんと幼馴染の久留美(山下美月)ちゃんという風に落ち着くのではないかと思います。あくまでも勝手な予想ですが。

タイトルとURLをコピーしました