サッカー日本代表スペインに勝利!決勝トーナメント進出決定

スポーツ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

サッカー日本代表が見事スペインに歴史的な勝利をおさめ、決勝トーナメント進出を決めました。

スペインに歴史的勝利

先制点はスペインでした。前半11分に、モラタのヘディングシュートでゴールを決めます。前半は両者必死の攻防の中、そのまま0-1で終了します。

そして後半3分、堂安の強烈な左足シュートが決まり、スペインのゴールネットを揺らして同点に追いつきます。

さらに後半の6分、三笘が折り返したボールを田中が決め、逆転に成功します。VARのチェックが行われましたが、ちゃんと得点が認められ、2-1のままゲームが再開します。

結局、日本が1点差を守り切り、無敵艦隊の異名を持つスペインに勝利しました。

決勝トーナメント進出は2年ぶり

日本が決勝トーナメントに進出するのは2年ぶりですね。日本がワールドカップ初出場を果たしたのは、1998年のフランス大会です。この時はグループリーグ敗退でした。

続く2002年の日韓大会では、決勝トーナメントに進出し、ベスト16となりました。2006年のドイツ大会はグループリーグ敗退。2010年の南アフリカ大会はベスト16。2014年のブラジル大会はグループリーグ敗退でした。

そして前回2018年のロシア大会のベスト16を経て、今回の決勝トーナメント進出です。

  • 1998年 フランス大会 グループリーグ敗退
  • 2002年 日韓大会 ベスト16
  • 2006年 ドイツ大会 グループリーグ敗退
  • 2010年 南アフリカ大会 ベスト16
  • 2014年 ブラジル大会 グループリーグ敗退
  • 2018年 ロシア大会 ベスト16
  • 2022年 カタール大会 決勝トーナメント進出(ベスト16以上)

果たして今大会はベスト8以上の成績を残せるでしょうか?いずれにせよ、ドイツやスペインのような競合に勝利し、グループリーグを首位通過したのは素晴らしい成果だと思います。

ドイツはグループリーグ敗退

日本と同じグループEのドイツとコスタリカの戦いは、4-2でドイツが勝利をおさめました。スペインと同様にドイツは1勝1敗1分けとしながらも、得失点差でスペインを下回り、まさかの2大会連続でグループリーグ敗退となりました。

今回、もし日本がスペインに後半追いつかれて同点で終わっていた場合は、ドイツが2点差以上でコスタリカに勝利していると、日本の敗退となっていたので、危なかったですね。

無事にスペインから勝利を勝ち取って、文句なしの自力進出となりました。

決勝トーナメントはクロアチア戦

決勝トーナメント進出を決めた日本代表の次戦は、12月6日(木)にクロアチアと対戦します。クロアチアは前回のロシア大会準優勝の強豪で、日本代表の対戦成績は1勝1敗1分け、得点と失点はともに4という互角の成績となっています。

今回クロアチアはグループリーグ2位で決勝トーナメント進出を決めています。

タイトルとURLをコピーしました