舞ちゃんが発熱!あさイチの朝ドラ受けで気づく昔のこと

エンタメ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

本日(2022年12月8日)の朝ドラでは、ソロフライトの様子からスタートしました。いよいよ一人で飛行機に乗る舞ちゃん(福原遙)は、ちゃんと着陸できるようになるのでしょうか?

大河内教官にお願いして着陸の猛特訓

今日からソロフライトが始まりました。これまでのフライトでは、何かあれば教官が助けてくれましたが、今回から助けてくれる人はいません。

自分の技術と、管制官とのやり取りだけで上手に飛ばなければなりません。上空で「信じられへん。ほんまに一人で飛んでる。怖い」と思う舞ちゃん。管制官から「あの子は一度もセンターラインに着陸できていない」と心配されていました。

案の定、センターラインに着陸できなかった舞ちゃんは、一人で飛べた証のバッジをもらっても、くやしさで一杯になっていました。そして、大河内教官に「着陸の特訓をしてください」と直談判していました。

ちょっぴり失礼な舞ちゃん

大河内教官に着陸の特訓をお願いすると「ほかの学生より訓練の内容が遅れるぞ」と言われましたが、「それでも構いません」と本気を見せます。

しかしそのあと「私、大河内教官に負けたくないんです」と言い放ちます。人にお願いするのに、ちょっと失礼だなと感じましたが、一方で大河内教官は「分かった」と大人の対応を見せます。

鬼教官だとか、学生を退学に追いやると噂さされる大河内教官ですが、とてもまっとうに見えるんですよね。おそらくこれから、大河内教官の考えや人間性が、学生たちにも伝わっていくのでしょう。

大河内教官の特訓で、ついにセンターラインへ着陸できるようになりました。

兄の悠人は相変わらずの態度

失礼といえば、兄の悠人(横山裕)は、相変わらずの態度です。仕事で大阪に帰ってきたのですが、実家には寄らず、連絡もせず、隣のお好み焼き屋さんで食事をしていました。

駆けつけた母めぐみ(永作博美)にも、反抗的な態度をとっていましたね。そのうち丸くなるのでしょうか?というより、ひねくれている感じがします。そういったところが治るといいのですが。

朝ドラ受けで気づく昔のこと

ドラマの終盤、舞ちゃんが高熱を出すシーンがありました。同部屋の矢野学生(山崎紘菜)が心配し、「冷やすものを持ってくる」と言っていましたが、どうやら猛特訓で無理をして、高熱が出たようですね。

あさイチの朝ドラ受けで、華丸さんが「もともと子どもの頃、発熱する子だったよね。だから五島に行ったんだもんね」と言ってたように、昔の体質が垣間見れる発熱となりました。

せっかくちゃんと着陸できるようになったのですから、早く回復して欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました